MENU

カードローンと上手に付き合うには

蓄えはないが、お金が必要。そんな時、カードローンが活きました。

フリーランスのカメラマンをしています。使用する機材が古くなり新調する為、消費者金融のキャッシングを使用しました。

当時、新たな被写体を撮るためには新規の機材購入が必須でした。しかし、当時は蓄えも少なく、手元にあるお金だけでは機材は購入出来ません。
そんな時に、消費者金融でのクレジットカードを申請し、キャッシングを使用しました。
申請先はアコムです。当時はまだ駆け出しで信用もなく、色々なカード会社の審査で落ちていたのですが、アコムでは無事審査が通りました。

このおかげで手元に資金が揃い、無事新たな機材を購入出来ました。
キャッシングで使用したのは20万円程。新たな機材が仕事で生きた甲斐もあり、その後半年で返済を完了しました。

思い出せば、初めてキャッシングをする前までは様々な不安がありました。借りたとして、ちゃんと返せるのだろうか。借金が膨れるのではないだろうか。などです。
しかしこの時の経験により、借りる目的と返済の計画さえしっかりと立てていれば、キャッシングはとても心強いツールだと、今では感じています。

今後も必要な機材が出た際は、上手くカードローンやキャッシングを利用しつつ購入し、仕事に活かしていきたいと思います。
カードローンと上手に付き合っていけば豊かに暮らしていけますね。

意外と手軽に利用出来ました

家電製品の購入と友人と飲みに行くなど遊興費にお金を使い過ぎてしまって生活費が足りなくなってしまいました。給料日まで10日以上あって明らかに足りなそうでしたので消費者金融でお金を借りる事にしました。出来るだけ早く借りたかったので最短1時間融資を宣伝していたプロミスを利用する事にしました。

プロミスは申し込みをする時にWeb完結サービスを提供していたのですごく便利そうだなと思いました。それでスマートフォンで申し込みから契約までの手続きをして契約完了する事が出来ました。Web完結サービスで申し込むとお金を借りる時もプロミスの会員ページから依頼すればすぐに口座に振り込まれました。口座振込だとカードが不要なのでカードレスというメリットもありました。

最初は消費者金融を利用するのは抵抗がありましたけど、申し込みの手続きから借り入れまでインターネット上で出来るので困った時は気軽に利用出来そうだと思いました。