MENU

クレジットカードのキャッシング

カード利用しすぎて自分の貯金がなくなりました

自分でお金を稼ぐようになり、カードで毎月清算をするようになりました。お金を自分では使っていない、現金は手元にあるからという感覚で何でもかんでもカードで購入し、通販も利用したりしていて月の返済は基本的に十万円を超えていました。

それでも手取りは十五万円あったので大丈夫だろ、と思いバンバン買い物をしていたのですが、ついに支出のほうが収入よりも多くなってしまい、貯金してあったお金も全部使ってしまいました。

本当はその時点で自制すればいいのですが、来月お金入ってくるから大丈夫だろ、と根拠のないことを思いまたお金を使い、そんな生活がずっと続いていました。

そしてあっという間に生活が成り立たなくなり、日々の生活にも困るようになりました。しかし、当時はさして危険性を知らされていなかったリボ払いという手段これをとってしまいました。

リボ払いは借金よりも返済する金額が多く、自分で使ったお金の倍くらいお金を返さなければならなくなってしまいました。返済するのが毎月きつく、精神的にも追い詰められたり、何もお金を使っていないのにリボ払いしなければならない、というのは本当につらかったです。

こんなことならどこか信用の出来るところからキチンとお金を借りて返済したほうが安全だったなぁと思ってしまいました。

海外旅行で初めてのキャッシング

海外旅行に行くときには、必要最低限の現金しか持っていかないようにしています。
支払いは主にクレジットカードで済ませるようにしています。
中には現金でしか支払いのできないお店があるのですが、たまたまこのときは現金でしか支払えないお店やオプショナルツアーを選んでしまいました。
旅行の前半で現金がほとんどなくなり、チップにも困ると思ったので、止むを得ずキャッシングをしました。

ショッピングモール内にあるキャッシュディスペンサーで、VISAカードを使ってキャッシングをしました。
メインで使っているクレジットカードがVISAカードだったので、買物等の支払いと一緒に返済できると思い、VISAカードを選びました。

クレジットカードの明細を見て、キャッシングの手数料が思いの外、高いということに気づきました。
キャッシングをしたときは、現金がなかったので助かりましたが、できれば今後はキャッシングをしたくないと思いました。